ケンネル愛犬のしつけ飼い方や趣味&生活情報

2011年2月16日

噛む犬のしつけでは

カテゴリー: 犬のしつけと飼い方について — admin @ 6:23 PM

噛む犬のしつけでは、号令の出し方についてあれこれ悩むのはやめて、結果に集中しましょう。号令というのは、どのように行動すれば今すぐに強化子が得られるかを犬に知らせる合図にすぎないのですから、まずは行動を引き出すことに全力を傾けるべきです。

噛む犬のしつけでは、そもそも行動がしっかりと定着していないのなら、合図を出す意味すらないのではないでしょうか。同じことはエリシター、すなわちプロンプトについても当てはまります。号令もそうですが、エリシターもプロンプトも行動に先行します。

エリシターは、噛む犬のしつけトレーニングで定着させた行動よりも、むしろ生得的な行動を誘発する弁別刺激として作用しますが、この場合もやはり学習の法則が働くために、ごほうびという結果が伴わなければ噛む犬のしつけはすぐに意味を失ってしまいます。
 

2011年2月15日

エストロゲンは実用的なバストアップを作る

カテゴリー: バストアップ豊胸方法 — admin @ 9:28 PM

エストロゲンは実用的なバスト、甘ったるい乳白色の汗を分泌する腺組織の形成も促します。堅く引きしまった弾力のある乳管と乳腺葉が脂肪と靭帯のあいだに割りこみはじめます。

ふつう左右のバストにそれぞれ五個から九個の乳腺葉ができ、そこでつくられた乳は乳管を通って乳頭まで運ばれます。乳腺葉は二十余りの小葉に分かれていて、ちょうど葡萄の房のようです。乳腺葉と小葉は乳房にまんべんなく広がっていますが、乳管はどれも同じひとつの方向、つまり乳頭を目指してヘビのようにくねくねと曲がり、乳頭に近づくほど太くなります。

乳の分泌の仕組みも、樹木や葉脈や血管と同じく流体力学に従っています。乳腺葉と小葉は本の実と葉、乳管は枝のようなもので、枝が集まって幹になります。ただし、木や血管の場合は生命の水がまずいちばん太い管に吸いあげられ、それから細い管ないし血管に分配されるが、乳はそれと逆に小葉の実でつくられてそこから下の太いパイプラインに流れていきます。

乳頭の皮膚の乳管開口部は、ふだんはいぼ状のものが重なって閉じていますが、子供を育てるときには乳頭がふくらみ、はじけてじょうろのようになります。各管の孔は目に見え、乳が染み出るのがわかります。

戸瀬恭子のバストアップDVD【バストあっぷるん】

2011年2月3日

犬のしつけでヒール(ツケ)の教え方

カテゴリー: 犬のしつけと飼い方について — admin @ 9:44 AM

犬のしつけでヒール(ツケ)の教え方です。最初のうちは、食べ物(ルアー)を足のところに持ってきて犬を誘導し、ヒール(ツケ)を教えます。

犬が飼い主についてくるようになり、ごほうびの間隔が空いてもきちんとヒール(ツケ)ができるようになれば、ルアーを隠し、直後にごほうびを与える手順をときどき差し挟みながら練習を進めます。これは、ルアーが視界から消えるとそのすぐ後でごほうびがもらえることを犬に教えるためです。

このような犬のしつけを重ねると、ルアーを隠す時間を延ばしていっても、犬は平気でいられるようになれます。じきにごほうびがもらえることが分かっているからです。

そのうちに犬はルアーなしでヒール(ツケ)をするほうが自分にとって都合がよいことに気づきます。すなわちルアーが見えていない時のほうがごほうびをもらえることが多いと学習するからです。

なおこの犬のしつけに限っていえば、ルアーなしのヒール(ツケ)にスムーズに移行できるように、最初の何回かは言葉で励ましや指示を与えるなど、食べ物に代わる別のプロンプトを使うことが必要になります。

犬のしつけは結果を求めすぎてはいけない 本当に正しい犬のしつけを勉強しましょう。
 

Powered by WordPress