ケンネル愛犬のしつけ飼い方や趣味&生活情報

2011年5月8日

知能の発達に遺伝と環境がどれくらいの割合で関係しているか

カテゴリー: 女性の妊娠と生理の知識 — admin @ 4:03 PM

知能の発達に遺伝と環境がどれくらいの割合で関係しているかを表す数値として「遺伝率」があります。

遺伝率の算出方法は学者に任せるとして、この数値の解釈法を説明しましょう。

遺伝率は0から1までの数値で表されます。遺伝率が1に近いほど遺伝の影響が大きく、0に近ければ環境の影響が大きいことを示します。

たとえば、目の色や色盲の遺伝率は1であるから、遺伝だけで決まり、環境はまったく影響しません。また、ある素質の遺伝率が0に近いと、遺伝は関係なく、環境条件の改良によってのみこの素質は変化します。

素質の遺伝率が0.3より大きければ、その素質の優れた雄と雌を選んで交配を重ねていけば、素質を次第に向上することができます。

これを「選抜育種」といいます。現在飼育されている家畜はすべて、野生の原種から目標とする素質に向かって選抜育種を繰り返して改良されたものです。

Powered by WordPress