ケンネル愛犬のしつけ飼い方や趣味&生活情報

2017年12月10日

柴犬などのしつけは手間がかかります

カテゴリー: 犬のしつけと飼い方について — admin @ 6:22 PM

ふわふわとあどけなさのあるトイプードルを家で飼いたいと願っている人は大勢いるでしょう。飼い始めたら、しつけやトレーニングをきっかりと済ませないといけないと思います。

家の中でワンコを飼育するドッグオーナーの方々にとっては、トイレのしつけを完了させることは必要な仕事の1つであって子犬が来た最初の日でも、すぐに始めて良いです。

異常に吠えるなどの根本的な問題を解消するしつけ法で、しつけ専門グッズを上手く利用して、賞賛することをメインにしつけをするのも良い方法です。

まず吠える犬のしつけをする時は愛犬の性質について熟知し、取り組まないといけないように感じます。これは重要な心構えです。

子犬の頃、しっかりと甘噛みなどしてはいけないとしつけられていない飼い犬は、成犬なのにそれでも甘噛みのように噛むクセが現れることがあると言います。

痛みに対して我慢できる犬が痛くて鳴いているとしたら、よほどのことだと思われます。犬が無駄吠えをする理由が病気やケガの痛みからだと見受けられたら、近くの獣医師の元で診てもらうべきです。

何度となく吠える犬をしつけようとしても矯正ができなくて、感情的になっているのでは?犬というのは直感で、ただ単純に反射反応で吠えるのです。

慣れない頃は、しつけする前の吠える、または噛む行動に困ったものです。愛しい犬が、私を対象に吠えるし噛みつくしで、全く悲しくなりました。

一般的にポメラニアンは室内犬ですから、トイレのしつけトレーニングは大事ではないでしょうか。第一にトイレのしつけでやるべきことは、トイレの定位置をポメラニアンにきっちり習得させることでしょう。

基本的なトイレ訓練とか、噛み癖矯正など、子犬の時期になるべく正しくしつけを敢行して立派な成犬になるために、主人である皆さんが愛犬を育ててください。

もしも、何かに恐怖心を持っていて、それに対して吠えるという行為が始まったとしたら、ほぼその恐怖をなくすだけで、犬の無駄吠えというのは抑制するのも難しくありません。

例えば、ポメラニアンのおもらしをしつける必要があります。ポメラニアンのような犬は、ひどく興奮したり、緊張したりすると、おしっこが出てしまうことさえあるみたいです。

国内では、多数のひとに愛犬となっているチワワであっても、しっかりとしつけができないために、お手上げ状態の飼い主さんたちがたくさんいるのが事実だと思います。

柴犬というのは、無駄吠えというものをする犬と考えられます。従って、無駄吠えのしつけには「手間暇かかる可能性だってある」と考えたほうが着実だろうと考えます。

参考:柴犬の飼い方・しつけ・育て方

散歩に出かけたり、ご飯の時間、愛犬にとって楽しい時間とかイベントはご褒美の一種ですからそれを上手く利用し、犬にとってのイベントの前にトイレをしつける行為を実践してもいいでしょうね。

Powered by WordPress