ケンネル愛犬のしつけ飼い方や趣味&生活情報

2010年4月1日

視力を回復する方法はあるんです!

カテゴリー: 視力を回復させる情報サイト — admin @ 3:11 PM

最近私も年をとったせいか目がとっても悪くなっていました。長年のデスクワークがたたったせいもあるかもしれません。

やっぱりメガネかコンタクト着けるしかないんだろうな~と思っていたところ、ふとネットサーフィンで良いサイトを見つけました。

このサイトの方法はおすすめです。お金もかけず、ある方法で本当に自分自身の視力が戻るんです。私自身が試したので確実です。

これは本当に良いサイトに出会いました。手術もなし、メガネやコンタクトのわずらわしさとはもうサヨウナラ♪ですね!

客はメガネ屋に出かけて行き、交換してほしいと頼みます。店にしてみればそれはできない相談です。

慣れるまで我慢してくださいとでもいうよりほかありません。

じつは、こうしたトラブルが起きてはじめて眼科医を訪ねる人が少なくないのです。

それもこれも「よく見えるメガネ=よいメガネ」という誤った思い込みがあるからです。

メガネとそれをかける人の屈折度数の関係を専門的にいうと、かける人とメガネの度数が同じ場合(①)、メガネの度数のほうが強い場合(②)、かける人の度数のほうが強い場合(③)と三つの組み合わせが考えられ、それぞれ①「完全矯正度数」、②「過矯正度数」、③「低矯正度数」と呼んでいます。

「よく見えるメガネ」とは②を指していわれる場合が大半を占めます。ちなみに①は過不足なくピタリと一致しているわけですから「よいメガネ」であり、③も眼に負担をかけないので「まあ、よいメガネ」といえます。

ところが②は過矯正なので眼筋は調節するために緊張しっぱなしの状態になり、眼精疲労にダイレクトにつながるのです。

平たくいえば「合わないメガネ」とは度数が強すぎるメガネのことです。それゆえメガネをつくるときは、できれば眼科でしっかり検査を受けて①を目ざし、それができないときは「やや弱いかな」と思えるレンズを選んでください。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

Powered by WordPress