ケンネル愛犬のしつけ飼い方や趣味&生活情報

2011年2月15日

エストロゲンは実用的なバストアップを作る

カテゴリー: バストアップ豊胸方法 — admin @ 9:28 PM

エストロゲンは実用的なバスト、甘ったるい乳白色の汗を分泌する腺組織の形成も促します。堅く引きしまった弾力のある乳管と乳腺葉が脂肪と靭帯のあいだに割りこみはじめます。

ふつう左右のバストにそれぞれ五個から九個の乳腺葉ができ、そこでつくられた乳は乳管を通って乳頭まで運ばれます。乳腺葉は二十余りの小葉に分かれていて、ちょうど葡萄の房のようです。

乳腺葉と小葉は乳房にまんべんなく広がっていますが、乳管はどれも同じひとつの方向、つまり乳頭を目指してヘビのようにくねくねと曲がり、乳頭に近づくほど太くなります。

乳の分泌の仕組みも、樹木や葉脈や血管と同じく流体力学に従っています。乳腺葉と小葉は本の実と葉、乳管は枝のようなもので、枝が集まって幹になります。

ただし、木や血管の場合は生命の水がまずいちばん太い管に吸いあげられ、それから細い管ないし血管に分配されるが、乳はそれと逆に小葉の実でつくられてそこから下の太いパイプラインに流れていきます。

乳頭の皮膚の乳管開口部は、ふだんはいぼ状のものが重なって閉じていますが、子供を育てるときには乳頭がふくらみ、はじけてじょうろのようになります。各管の孔は目に見え、乳が染み出るのがわかります。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

Powered by WordPress