ケンネル愛犬のしつけ飼い方や趣味&生活情報

2011年8月27日

薬は「生理は痛いもの」「苦しいもの」という先入観を変える

カテゴリー: 女性の妊娠と生理の知識 — admin @ 11:13 PM

生理痛に対する潜在的な恐怖感が薄れていけば、痛みに対する感覚も変わってくるでしょう。

薬は「生理は痛いもの」「苦しいもの」という先入観を変えることによって、自然に痛みを軽くしていくひとつの手段でもあるのです。

ただし、生理痛の陰には、ときとして器質的な病気が隠れていることもあるので気をつけなければなりません。早めに検査をして、適切な治療を受けることが大切です。

生理痛がひどい人はもちろん、自覚症状がない人でも、年に一度は婦人科の検診を受けましょう。

メンタルなものが影響した生理痛なら、それを取り除く、つまり、考え方を変えることでよくなることがあります。生理をいやなもの、わずらわしいものと思わずに、上手につきあうようにすればいいのです。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

Powered by WordPress