ケンネル愛犬のしつけ飼い方や趣味&生活情報

2018年2月9日

FXで資産運用してみたい

カテゴリー: FX・株式・不動産などの投資 — admin @ 2:25 PM

スイングトレードの素晴らしい所は、「いつもパソコンの売買画面の前に居座ったままで、為替レートの変化に気を揉む必要がない」という点だと言え、多忙な人にマッチするトレード手法だと思われます。

売りポジションと買いポジション双方を一緒に保持すると、円高・円安のどちらに変動しても収益を手にすることができるというわけですが、リスク管理の面では2倍心を配る必要が出てくるはずです。

テクニカル分析とは、為替の変動をチャートの形で記録し、更にはそのチャートを分析することで、これからの為替の動きを予測するという分析法になります。これは、いつ売買したらいいかを知る時に有益です。

少ない金額の証拠金によって大きな「売り・買い」が許されるレバレッジですが、見込んでいる通りに値が変化してくれればそれに見合ったリターンが齎されることになりますが、その通りに行かなかった場合は大きな損失を被ることになります。

FXの何よりもの長所はレバレッジだと考えますが、十分に得心した状態でレバレッジを掛けることを意識しないと、はっきり言ってリスクを上げる結果となります。

デイトレードとは、24時間という間ポジションを保持するというトレードだと思われるかもしれませんが、本当のところはNY市場が終了する前に決済を完了させるというトレードスタイルを指します。

FXに関しては、「外貨を売る」という状態から取引を始動させることもあるわけですが、このように外貨を所有することなく「外貨を売ったままの状態」のことも、「ポジションを持っている」と言われます。

スキャルピングと言われるのは、一度の売買で1円にも達しない非常に小さな利幅を追い掛け、日々すごい数の取引を敢行して薄利を積み増す、「超短期」の取引手法なのです。

スイングトレードを行なうつもりならば、数日~数週間、長期のケースでは数ヶ月にも及ぶことになるトレードになり得ますから、毎日流れるニュースなどを参照しながら、数ヶ月単位の世界経済の状況を予測し投資できるわけです。

トレードの考え方として、「決まった方向に動く短い時間に、大きな額でなくてもいいから利益を絶対に稼ごう」というのがスキャルピングというわけです。

デイトレードをする際には、どの通貨ペアをセレクトするかも重要です。正直言いまして、大きく値が動く通貨ペアの売買をしないと、デイトレードで大きな利益を手にすることは殆ど無理です。参考→ダブルブレイクマネージャー

FX口座開設につきましては無料の業者が大半を占めますので、少なからず時間は要しますが、2つ以上開設し現実に使用しながら、各々にしっくりくるFX業者を選んでください。

デイトレードと呼ばれるものは、スキャルピングの売買の間隔を若干長めにしたもので、総じて数時間以上24時間以内にポジションを解消するトレードだとされています。

MT4で動くEAのプログラマーは全世界に存在していて、その時々の運用状況もしくは評定などを参考にして、最新の自動売買ソフトの研究開発に精進しています。

FXをやる上での個人に向けたレバレッジ倍率は、少し前までは最高が50倍だったことを考えると、「今現在の最高25倍は低すぎる」とおっしゃる人が見られるのも当たり前ですが、25倍でも想像以上の収入に繋げることはできます。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

Powered by WordPress